Search this site
実は私、それなりに名の知れた建築家です。(自分で言うのも変ですが、誰も言わないので・・・)
新聞はもちろんテレビ、ラジオ等にも登場しました。「住宅雑誌」や「建築学会誌」で扱われた事も。

「住まいの建築家」宣言します。ホームページをご覧下さい。→http://site-1287697-3379-9408.strikingly.com
左の「LINKS」からSET建築計画事務所をクリック!
「住まいの建築家/クロスト-ク」参加諸募集!
「住まいの建築家/クロスト-ク」は毎月1日に開催する予定です。
で、参加する人を募集しています。

「今年の家づくり検討中の人」は少し遅いかもしれませんが「来年以降の家づくり検討中の人」にオススメ。

また、「住まいの建築家」も募集します。
3人で クロスト-ク するつもりでしたが、一人欠員が出ました。
当面2人で クロスト-ク しますが、同志の参加も募集します。

考えてみると「住まいの建築家」のネットワ-ク も大事なのに、意外と互いの情報共有をしていません。
たくさんの同志がいて、順番で・・・、なんていう展開も「アリ」ですね。

両方の参加者募集です。



posted by 住宅設計士 YY | 10:14 | 家づくりに役立つ情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
「住まいの建築家/クロスト-ク」落雪屋根・・・

既に紹介した写真は、どちらも札幌ではありません。
札幌でなくても、札幌と同様の「縛り」があると考えて設計してきました。

札幌での事例も、少ないけれどあります。
つまり、雪を落とせる程の「土地の広さ」が必要なので実現が難しい訳です。

真駒内


 

posted by 住宅設計士 YY | 00:00 | 家づくりに役立つ情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
「住まいの建築家/クロストーク」落雪屋根・・・
落雪屋根にできるケースは少ないのですが・・・
この家も落雪屋根です。

滝川




posted by 住宅設計士 YY | 09:50 | 家づくりに役立つ情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
「住まいの建築家/クロストーク」落雪屋根も・・・
札幌の雪は、それほど(報道で見聞きする程)の量ではありません。
が、毎年・毎年、それぞれ苦労してます。
木造住宅でも屋根に雪を載せておく事が多くなりました。

札幌の場合、積雪量は1.5mを前提に構造部材を決めています。
1.5mもの雪を載せたままの屋根を、実際に目にする事はありません。
多くの場合は太陽熱で解けるからです。

でも、この頃の天気は「何が起こるかわかりません」ので油断はできません。

大量の積雪で知られる「ニセコ」の店舗併用住宅を設計した際は「落雪屋根」を提案し採用されました。
妻側(落雪しない面)に出入口(玄関)を設けました。
写真を紹介しておきましょう。

ニセコ



posted by 住宅設計士 YY | 10:11 | 家づくりに役立つ情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいの建築家/クロスト-ク 2名でのクロスト-ク?
3名での クロスト-ク と思っていたが、1名欠ける事になった。
いろいろあるのですよ、零細企業ですから。

2名で始めようと私は思っています。

1名だと「クロスト-ク」にならないが、2名なら可能でしょう。
当面、Webが中心ですから、スタ-トしてしまおうというのが私の判断です。
「クロスト-ク」にこだわらず、一方的な情報発信も「アリ」だと思っています。

住まいの建築家/独り言 になっても良いから「情報発信」しなくっちゃ、という思いが強いのです。
ま、とりあえず2人でやりますけど・・・。




posted by 住宅設計士 YY | 15:39 | 家づくりに役立つ情報 | comments(0) | trackbacks(0) |